不動産投資は不動産会社で購入したマンションやアパートを部屋ごとに分譲したものをローン等で購入し、その収入を家賃保証や家賃代行のシステムによ

って、少しずつ収入を得ながらローンを返済していく流れだと思います。(上手く行くと)

そこで思ったのですが、その建物所有者または不動産会社が最初から分譲せずに、不動産投資をする一般顧客に入る分の収入を得たほうがいいと素人思考だと思ってしまいます。

なぜ、そこに一般の顧客を間に入れて、不動産投資を持ちかけるのでしょうか?

また不動産投資の一番怖い部分がそこになにかあるのなら、教えていただきたいです。

残り

質問へのコメント

ページ先頭へ戻る
読み込み中です