昨年、大阪市に商業ビルを購入した際に、不動産仲介業者が紹介してれくれた都銀が以下の条件で融資してくれました。

【頭金2割・24年元金均等・7年

間固定金利1.47%(以降は短プラ連動または再度固定金利相談)】

本物件への抵当権以外に担保供与などは行っていません。定期預金なども作りませんでした。
連帯保証人は資産ゼロ収入ゼロの母でokとのこと。物件自体の積算評価は100%近くありました。
購入時点の入居率は60%で、法定残存耐用年数は24年、私は30歳です。

私は日本の非居住者なので、融資自体がおりないと思っていたのでが、想像より良条件で驚きました。

銀行取引はこれまでになかったので
相場観が分からないのですが、やはりこれはかなり良い条件なのでしょうか?
あるいは物件評価さえよければ、そこまで特殊な条件ではないのでしょうか?

さらにいくらかの融資内諾を同行よりもらったので、物件をさらに見繕おうか考えております。

お手数ですがご回答いただければ幸いです。よろしくお願いします。

残り

質問へのコメント

ページ先頭へ戻る
読み込み中です