6か月後に引き渡しをする場合、どのような問題があるか。また、プロに相談しようと思った場合は誰に相談するべきか教えてください。

中古一棟物のアパートを初めて購入しようとしています。金融機関でのローンも通り、いざ契約というところで、売り主が渋りだしました。

もともと2棟売りに出しており、1棟は別の方が購入しており、取引はスムーズに進み、部件も問題無しと聞いています。

ところが、私が購入しようとした方は、契約を結ぶ直前で売り主が難色を示しました。仲介した不動産業者も訳が分からず、イロイロと調べてもらったところ、アパートを建てた時の借入金のほかに、は家族に内緒でアパートを担保に銀行から借り入れをしていたようです。

家族に内緒であったため、売り出し価格を決める際に内緒の残債分を上乗せできず、私と取引をすると、内緒の残債分手持ち資金を出さなければならない。しかし、手持ち資金を出すと、家族にばれてしまうということのようです。

残債の額は、後1年家賃収入があればちょうどペイできるくらいの額のため、1年待って欲しいとのことでしたが、仲介の不動産会社が買い主(私)にも迷惑がかかるからと6か月の折衷案を落としどころとして持ってきました。

要は残債が減るように、6か月待ってほしいということです。

今年の頭から、物件を探してきましたが、初めてということで慎重に動いており、これから新しい物件を探して契約を目指したとしても6か月くらい掛かる気がします。また、今のところ、購入したいと思う物件は今回の1件しかありません。このため、6か月待とうと思っています。

しかし、6か月後に、同じような理由で売り渋られても困るため、今から契約だけ結んで手付金を払っておいて、引き渡しを6か月後にしようと思っています。

契約締結後に売主の過失なく建物が滅失した場合は、買主が代金を支払うという危険負担については6か月売主が使い続けることから、排除してもらう予定です。

その他、注意しておかなければならないことはありますでしょうか?

また、高額な取引になるため、多少お金をかけてでもプロに相談し万全を期して契約に臨みたいと思っています。このような場合は誰(例えば司法書士の先生など)に相談すると良いのでしょう。

お分かりの方がいましたら、教えていただけますでしょうか?

残り

質問へのコメント

ページ先頭へ戻る
読み込み中です